ジオラマの評価です

カラーページが多いのは、ありがたいです。でも!1つ手法としてはかなり勉強にはなると思います。Amazonレビューで評判良かったので、ポイントアップ中の楽天でポチッと。

下記の商品です♪

2017年01月20日 ランキング上位商品↑

ジオラマ作る! 超リアルなジオラマ [ 情景師アラーキー ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

。自分のイメージに違い物であれば真似をするのにはもってこいな本である事は間違いないかと思います。目から鱗の内容ですね。作品が完成するまでの流れや!使った材料などが結構細かく説明されています。是非お手元に一冊。(海外製のメーカー名なども出てきますので)しかし、ジオラマやプラモデルの基本的な知識が有れば難しい事は書いていません。そして、使う道具や作る上で必要最低限の物なども写真でわかりやすく説明されています。もしこれからジオラマを作る予定がある方ならば!自由な発想でいいと思います。また!ディティールの構想から歓声に至るフローは!初心者の方のジオラマ制作に役立つと思われます。(道具!塗装方法など)本の内容は若干ですが!コレが正しいみたいな押し付け的なところも個人差はあると思いますが!ニュアンスとしてあるような感じはします。まったくの初心者には理解が少し難しいところもあるかと思います。ジオラマに興味があったので購入しました。総合的に考えれば2000円弱なら安い買い物かなと。ページ数は127ページと読み応えは十分です。本の内容は1つの手法であると思うので、本文の内容だけが正解ではなく思います。ネット検索では決して拾え無いです。ネットで見るより手元の本でじっくり読める方が楽です。ほぼ荒木氏のブログで見かけた作品ですが、イラストによる制作過程や普段、使用している工具類の紹介が興味を引きます。ちなみに自分は買って正解だと思いました。